昭和の学びとは

昭和の学びとは

令和の時代が求めるのは、
昭和が育てようとしている人材です

国も進めるSociety 5.0( AIと人間の強みを融合した超スマート社会。来るべき社会の概念*1)が求めるのは、「技術革新と価値創造を遂げる人材」「その成果と社会課題をつなげ新しいビジネスを創造する人材」。
共通して必要なのが、読解力、対話力、科学的思考力、検証・活用力、そして価値を見出す感性と好奇心、探求力です。昭和中高の教育は、まさにこうした力を育むためのもの。
3コースそれぞれの、段階的成長に応じたカリキュラムと多彩なプログラムが、学力・人間力ともに飛躍的に高め、将来、自分を輝かせることのできる女性を育てます。

*1:狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く新たな概念。サイバー空間とフィジカル空間を融合した超スマート社会。

3コース制と段階的カリキュラム

本科コース、グローバル留学コース、スーパーサイエンスコースの3 つのコースを設定。
それぞれ段階的成長を考えてきめ細かく工夫されたカリキュラム「SHOWA NEXT」を実践し、一人ひとりの適性を伸ばします。

BYODで、主体的・積極的な学びを

自分のPCを学校に持ち込むBYOD( Bring Your Own Device)を導入。
授業やその他のプログラムと家庭学習を密に繋ぎ、主体的・積極的な姿勢を育みます。

EdTech を活用。学習をより興味深く

厳選されたEdTech( Education Technology)を活用。
一斉授業では対応しきれない、一人ひとりに最適化された学びを実現します。

SDGs への取り組みも積極的に

国連目標であり日本も進めるSDGs(Sustainable Development Goals = 持続可能な開発目標)に、
ユネスコスクール *2 である本校も多彩なプログラムで取り組んでいます。

*2:ユネスコ憲章に示された理想を実現するため国際理解教育に取り組み、持続可能な社会の担い手となる学校が認証される。

進化型「主体的・対話的で深い学び
(アクティブラーニング)」

SGH*3 活動で積み重ねたグループワークやLABO 活動、また高大連携などを進めてきた成果を生かし、読解力・思考力・対話力・表現力等を磨きます。

*3:スーパーグローバルハイスクール。「将来、国際的に活躍するグローバル・リーダーを高等学校段階から育成すること」を目的に、文部科学省が進める事業。本校は初年度(2014 年度)に指定された。指定期間は5 年。

ボストン研修でグローバルマインドを育成

中学2 年生全員が「昭和ボストン」で12日間研修。現地の先生の授業を受け、現地の生徒と交流することで、グローバルマインドを育みます。

多くの行事で協働力と課題解決力を養う

多くの行事は、生徒が自ら企画し運営します。
この経験を6 年間積み重ねることで、高い自主性と責任感、協調性、課題解決力が身につきます。