6月:ブリテイッシュ・スクールとの「連携月間」 ~初等部・中高部との間で11の交流企画~

SHOWA NOW!

2022年06月11日

6月:ブリテイッシュ・スクールとの「連携月間」 ~初等部・中高部との間で11の交流企画~

中高部および初等部では、近年、ブリテイッシュ・スクールとの交流を一層積極的に行っています。コロナ禍で制約を受けながらも、双方の生徒の学びを豊かにする互恵的関係を作ってまいりました。その成果として、3校揃って、今月6月を「交流月間」と銘打ち、交流活動の意義を改めて認識する機会としています。

 今月は、以下の通り、中高部では9つ、初等部では2つの交流活動が予定されています。 

  • 6/1:「持続可能な学校を作る!オペレーション・グリーン」
  • 6/7~9: 「短期交換プログラム」BST10年生が3日間、昭和で生活
  • 6/7:1年生理科の実験with BST生徒
  • 6/8: Well-beingフィットネス・ズンバ
  • 6/9:華道部にBST生徒を招待
  • 6/22: 3年グローバルコース交流授業
  • 6/22:1年グローバルコース、BST校舎訪問
  • 6/23:初等部5年生全員が一日交流
  • 6/24:3年サイエンスコース理科実験(BST理科教員によるイマージョン実験) 
  • 6/25:昭和学園合同「国際シンポジウム」(BST、テンプル大学等:3人の高校生が登壇)
  • 6/30:初等部4年生全員が一日交流

今月7日から3日間は、BST10年生が8人、本校の4年生のホームルームに入って、一日を本校生徒の「バディ」と一緒に過ごしています。BST生徒のための「日本文化体験」の特別授業も用意し、浴衣の着付け、書道、お茶、お琴、俳句などの授業にも参加してもらっています。英語と日本語の飛び交う環境で、本校生徒たちの英語習得への関心も高まっています。
    
   

 国籍や母語の垣根を越境して、違う価値観が出会う時、そこに生まれる新たな気づきや可能性が生徒に豊かさや成長をもたら習得します。また両校生徒による自主企画も生まれており、これらを通して、自信も育んでいます。

一覧へ