2021122年末の集い:生徒指導主任から「昭和のクリスマスキャロル」

SHOWA NOW!

2021年12月22日

2021122年末の集い:生徒指導主任から「昭和のクリスマスキャロル」

全校生徒の皆さんが揃って登校するのも年内は今日が最後となりました。

早いもので、2021年の生活も残りわずかです。

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のために、引き続き、学校生活や学校行事にも、様々な制約が生じた1年ではありましたが、そんな中、皆さんが前向きな姿勢で、多くの理解を重ね合いながら共に歩んできたからこそ、今日という日を迎えることができた…そのように感じています。

皆さん一人ひとりにとっては、どのような1年だったのでしょうか?

嬉しかったこと、頑張ったこと、やり遂げたこと、足りなかったこと、悔しかったこと…年末の、この時期に、これまでの自分自身を振り返り、1年間の収穫や課題を心に留めておきましょう。

 

【1年の計は元旦にあり】という言葉があるように、日本ではお正月に1年の幸せを願っ

たり、「決意」や「抱負」を誓い、その願いが叶うように祈る風習があります。皆さんにとってもなじみ深い風習だと思います。

 

 

ところで、皆さんは、その「決意」や「抱負」を、いつ考えていますか?

年が明けてからじっくりと考えている、学校が始まるまでに何となく考えている…そういう方も多いかもしれません。1月の学校生活が始まってから慌てて考える、という方もい

るかもしれません。

出来ることならば、今年の冬休みは、年末のうちに、この1年を振り返りながら、来るべき2022年の決意や抱負を考えてみてください。そして、その為に何をすべきか、何に取り組むべきかを明確にしておきましょう。

 

来年の干支は虎です。1月1日、新しい年が明けた瞬間から「しなやかに動き出す虎のご

とく」素早くスタートをきる自分を目指して、または、「力強く走り抜ける虎のごとく」

1年間を通して「決意」や「抱負」に向けて、走り続けられる自分を目指しましょう。

目先のことにとらわれて同じところをグルグル回ったあげく、バターになって溶けてしまう…そんな虎では困ります。最初が肝心、万全の準備を整えておきましょう。

 

また、この冬休みは、皆さんの周りの方々、日頃お世話になっている方々へ感謝の思いを

言葉や行動で表す期会もたくさん設けてみてください。日々の積み重ねの中で、本来感謝すべきことが「当たり前」のことになってしまう、感謝の気持ちが薄れてしまう…これは恵まれていることの裏返しなのかもしれませんが、当たり前を当たり前と思わずに感謝する気持ちを是非とも大切にしてください。

中高部では1953年の12月24日から、三軒茶屋近隣の方々への日頃の感謝の思いを

込めてクリスマス・キャロルという行事を行ってきました。今年の活動については、この

後、中央委員長の髙橋さんから紹介していただきますが、かつては毎年、郵便局や交番、消防署、世田谷区長さん、学校医の先生、学園内の理事長先生のお宅、初等部や幼稚部、守衛室など20か所以上を訪問して感謝の気持ちをお伝えしてきました。全校生徒を代表して当初は高校3年生が、その後は高校2年生が毎年100名以上参加し、感謝を伝える

クリスマス・キャロルは三軒茶屋界隈の年末の風物詩でした。

 

時代が移り変わり規模も縮小しましたが、「私たちが安全に学校生活を送ることができるの

も、かげになり、ひなたになり見守ってくださっている方々があるからこそ」という感謝

の思いは変わることなく、上級生から下級生へと約70年もの間、引き継がれています。

今、この時期、この時代に当時と同じようなクリスマス・キャロルを行うことは難しいこ

とですが、例えば、登下校の際にちょっとした気配りで近隣の方々に感謝の思いを伝える、

246沿いを掃除してくださる方々や正門の守衛さんに会釈をする、そういうことなら、

これからでも出来るのではないでしょうか?

2022年の決意の一つに加えてみてください。決して難しいことではないと思います。

 

最後に連絡です。

引き続き、新型コロナウイルス感染防止対策に、各自、万全を期してください。毎日の検温ならびに健康調査入力を忘れないようにしましょう。冬休み中に、校内外の友人同士で集まることがある際には、狭い空間に大人数が長時間滞在することは避けてください。飲食をする際にも黙食を基本に、周囲への配慮を忘れないようにしましょう。また、マスク着用を徹底し、手指消毒やこまめな換気、うがいなど基本的な感染症対策も忘れないようにしてください。皆さん自身、またはご家族の方がPCR検査を受ける、または受けた場合

は必ず学校へ連絡してください。詳細につきましては本日、保護者の方々へ向けて連絡メールを配信しますので、そちらを確認してください。

 

また、先日配布されました「冬季休暇中の学習・生活について」のプリントも必ず読んでおきましょう。

 

充実した、実り多い、安全な冬休みをお過ごしください。

次に皆さんとお会いするのは2022年の1月8日、年明けの集いとなります。皆さんと再会できますことを楽しみにしています。

一覧へ