1年SSコース 理科演習報告②

SHOWA NOW!

2021年07月17日

1年SSコース 理科演習報告②

 1年生SSコースの独自科目「理科演習」では、ブラックボックスや酵素の性質検証実験を通して2度のレポート執筆を行い、夏休み前にはScratchを使ってプログラミングに挑戦しました。Scratchとは視覚的にブロックをつなげるだけで命令ができるプログラミング言語です。一人一人が図形描画やおみくじアプリ作成などを通して、「繰り返し」、「条件分岐」、「変数」などを活用できるようになりました。授業に数学の先生もお呼びして、数学科の観点から「変数」についてお話をいただくこともできました。

 さらに、「ArTec RoBo」という教材を使い、実際にモノを動かすことにもチャレンジしました。今回のテーマは「信号機を作ろう」でした。「赤と青のLEDを交互に光らせるには?」、「青の点滅信号を表現するには?」、「押しボタン式にするためにタッチセンサーを組み込むには?」、「青信号の時に鳴らす音楽をブザーで再現するには?」など、様々な課題に2-3名のチームで取り組みました。

 生徒達は目標となる動きをイメージしながら、ブロックをつなげていきましたが、なかなか思い通りの動きを実現できないことに四苦八苦したようです。振り返りでは、「できなくても繰り返しチャレンジできるようになった」、「なぜこのように動くのかの理由まで考えるようになった」、「グループのメンバーと話し合い、協力し合えるように頑張った」などの声がありました。プログラミング学習を通して、学習への取り組み方やクラスメイトとの関わり方を考える良い機会となりました。

一覧へ