2021年度登校初日の気持ちは?〜今日の気持ちを日記に残そう

SHOWA NOW!

2021年04月06日

2021年度登校初日の気持ちは?〜今日の気持ちを日記に残そう

【KYOTO terrace】
全校生徒、保護者の皆さま、そして教職員、学園の皆さんで一致団結してコロナに挑み、2度目の春を迎えました。いよいよ本日、2021年度の学校生活が始まりました。昭和初の「特別な」入学式、それに続いておこなわれた始業式。あなたはどんな気持ちで式に臨みましたか?そして1日を終えた今、どんな感想をもったでしょう?クラス替え、新しい担任の先生方との出会い…。今日はきっとたくさんの思いが胸の中を交錯したことと思います。

もちろん本日の主役が全校生徒であることは間違いのないことですが、「特別な」入学式を終えた新2年生は、他学年とはまた違った1日を過ごしたことと思います。オンラインとはいえ、入学式は1度実施しています。それではなぜ今日、1年越しに「2度目の」入学式をおこなったのか?先生たちには深い意図があります。是非、その意図を考えてみてください。代表として気持ちよく歓迎の辞の役を引き受けてくれた上級生、独唱や伴奏、チャイムで式に温かさと華やかさを与えてくれた上級生、そして教室から温かく式を見守り参列してくれた上級生。本当にありがとう。

さて全校のみなさんへ。新しい環境に不安を感じることはみな一緒。無理に不安を消す必要はないと思います。誰もがみな少なからず不安を抱え生きています。素直にその不安と向き合いながらも、「自分の歩く道は、自分で切り拓いていく!」という逞しさは忘れずに!その逞しさが、不安を自然と消していくことを祈ってます。そして今日の気持ちが、1年後の3月にどのように変化しているか?いつもは日記をつけていない人も、今日は「特別に」日記を書き残してみてください。

今日もKYOTO terraceを見ていただきありがとうございます。【K】
☆昨日お伝えした青い箱の写真。その中身は…もうお分かりですね。
☆Boston Showaシュワルツ学長先生からもお祝いのメッセージをいただきました。本当にありがとうございます。

一覧へ