校長室から)ディスカッション「オンライン授業についてどう考えるか」@中学生有志

SHOWA NOW!

2021年02月05日

校長室から)ディスカッション「オンライン授業についてどう考えるか」@中学生有志

SDMs中学生有志・ZOOM自主企画

ディスカッション「オンライン授業についてどう考えるか」

本校有志の会・SDMs(スピーチ・ディベート・模擬国連の会)のメンバーの3年生2人が、自主企画「オンライン授業について」のディスカッションを1月27日放課後に実施しました。本校では先月12日から30日まで全面オンライン授業を実施しました。そこで、「オンライン授業の体験を忘れないうちに、生徒同士で話し合いたい」と3年生が企画しました。このディスカッションには、SDMsの会の中学生と学級委員生の計11人が参加し、2週間ほど経験した「オンライン授業」で感じたこと、考えたことを活発に話し合いました。。

話し合いでは、オンライン授業については前向きに受け止めている意見が多く聞かれました。「感染予防対策として良い。通学時間のない分、時間の有効活用ができる。自己管理能力が身に着く」などでした。また、「質問がしづらい。一日中座っていると目や腰に負担がかかる。学ぶ意欲が下がる」などデメリットも上がりましたが、「それを解消するには何ができるか」を考えて、「解決策」も出されました。こうして話し合いによって形成された自分の意見を、チャットで書き込み、全体で共有しました。最後に、話し合いを通して湧いた「新たな問い」もチャットに書き込みました。こうしてオンラインZOOM授業という「新しい学びの経験」について、生徒自身の体験を言葉にし、仲間と共有することができました。

一覧へ