4年生研修旅行(沖縄コース)

SHOWA NOW!

2019年12月24日

4年生研修旅行(沖縄コース)

今年度の沖縄コース研修旅行には26名が参加しました。

1日目はひめゆり平和祈念資料館、糸数壕、南風原文化センターを訪れました。糸数壕を実際に見学したことで、ひめゆり学徒隊の活動がどのような環境で行われていたかを実感し、生徒たちは衝撃を受けたようです。また、南風原文化センターでも戦争で実際に使用された爆弾やくつなどの展示を見ることができ、貴重な体験となりました。

 

2日目は沖縄県立博物館、美ら海水族館を巡った後、伊江島へ移動し、滞在する各民家へ向かいました。沖縄県立博物館では、各自が事前調査で調べていた歴史、王国、貿易など多様なテーマに関わる展示物を見ることができ、知識を深めることができました。美ら海水族館の幻想的で壮大な世界観は多くの生徒が楽しんだようです。

伊江島で各家庭の生活を楽しんだ後、別れを惜しみながら本島に戻り、ガンガラーの谷を見学しました。歴史を感じる鍾乳洞や貴重な動植物を見ることができ、驚くことも多かったようです。

最終日の4日目は伝統芸能であるエイサーを体験しました。実際に踊ってみると思ったより難しく、苦労しながらも全力で取り組みました。また、訪れた那覇市歴史博物館で、学校で集めた県への募金をお渡しすることができました。

この4日間の体験を通して、昭和のキャンパスでは学ぶことができない、沖縄の文化、歴史、自然、生活について学ぶことができました。同じ日本とはいえ、多くの学びがあり、異なる文化が発展してきた、ということを改めて感じる研修旅行となりました。

一覧へ