3年スーパーサイエンスコース「屋久島研修」

SHOWA NOW!

2019年10月08日

3年スーパーサイエンスコース「屋久島研修」

台風の影響も心配されましたが、3年生スーパーサイエンスコースの生徒は全員が屋久島に到着し、3泊4日のサイエンスアドベンチャーに臨みました。初日は、屋久島環境文化村センターで屋久島の概要を学んだ後、志戸子ガジュマル園を見学しました。また夕食後のクラスミーティングでは星空観察も行い、東京とは見え方の異なる星空や流れ星も見ることができました。

2日日は天候にも恵まれ、予定通り白谷雲水峡を見学しました。昨夜の雨に濡れた苔が光を浴びてキラキラしている姿は非常に印象的でした。また切り株や苔むした岩から木が生えている様子には悠久の時間を感じました。ヤクザルやアオバトに会うこともでき、とても充実した見学となりました。
  

3日目は、「野生動物調査法コース」、「地質調査コース」、「植生の垂直分布調査法コース」の3グループに分かれて研修を行いました。専門家の先生のご指導のもと、調査を通じて屋久島の自然を深く学ぶことができました。また野生のヤクザルやヤクシカを見ることもできました。

最終日は屋久杉自然館を訪問し、屋久杉の利用の歴史などを学びました。昼食では、屋久島名産のトビウオをいただきました。

今回の屋久島研修では、東京ではなかなか触れることができない“自然の魅力”に圧倒されました。また生態系とは多くの生物の絶妙なバランスの上に成り立つものであり、人間もその一部に過ぎないのだということを強く感じ、自分自身の自然や環境に対する考えを深めるきっかけにもなりました。天候にも恵まれ、とても充実した4日間になりました。

一覧へ