「国際ユース作文コンテスト」に190人が挑戦! ~持続可能な未来を作る探求的学び~

SHOWA NOW!

2020年07月10日

「国際ユース作文コンテスト」に190人が挑戦! ~持続可能な未来を作る探求的学び~

本校では、休校期間中の4~6月にも「挑戦を止めない!」と、

「国際ユース作文コンクール」(主催五井平和財団)に挑戦した

生徒達がいます。中1の生徒は日本語で、中2のグローバル留学

コースの生徒は英語700語のエッセイに挑戦しました。

高校2年生は全員が日本語作文に取り組み、本校では190人の

生徒達が応募しました。

 コンクールのテーマは「2030年の私からの手紙」。10年後の理想の

世界はどんなものか想像し、2030年を生きる未来の自分から現在の

自分に充てた手紙を書こうというものです。

英語エッセイを書いた中2の生徒は、「エッセイは構想、内容、

書き方と、すべてを自分でゼロから生み出すので、その点が一番大変

だった。でもそれが一番楽しかった。これからも英語でエッセイを書き

続けたい」と満足気でした。「みんなもやってみて下さい!」と在校生

へのメッセージも投げかけてくれました。5年生は、「今回の作文テーマ

を通して、日ごろ漠然と抱いている理想の世界のイメージを具体的に描き、

そこに向けて自分が何をしていくのかを明確にするのは、自分と未来の

社会の関係について深める大変良い機会になりました」と振り返ってくれ

ました。

このコンクールでは、本校は昨年は「学校奨励賞」、一昨年は世界で一校

だけに送られる最高賞の「特別学校賞」を受賞しています。「ユネスコ・

スクール」である本校の理念に合致したこのコンクールに毎年応募する

ことを通して、生徒達は「持続可能な未来の創造」に向けて自分の果たす

役割は何なのかを深く考える姿勢を育んでいます。

https://www.goipeace.or.jp/en/work/essay-contest/ (英語)

https://www.goipeace.or.jp/work/essay-contest (日本語)

一覧へ