総長のご挨拶

総長のご挨拶

「キャリアとグローバル教育」

昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校は
21世紀の日本と世界で活躍する女性を育てます。

 21世紀、ようやく日本の社会も女性の活躍を期待し始めています。その期待に応えて昭和女子大学はキャリア教育とグローバル教育に力を入れていますが、今年度からは大学と連携し、昭和中学校・高等学校でもキャリア教育とグローバル教育に本格的に力を入れています。

 女性が長い人生をどのように生きていくか、総合的に考えるのがキャリア教育です。女性が職場で成功していくにはどのような戦略が必要か、家庭との両立をどう実現するか、知識とスキルに加えてキャリアビジョンが必要です。AIが現在の仕事の半分を代替する時代に、人間に期待される能力は共感力や発想力など非認知能力です。朋友班活動、学寮研修、昭和祭などさまざまなプログラムがありますが、それらを 通して非認知能力を身につけます。言われたことを言われたままにするだけでなく、 自分で考え自分で選択し、仲間と協力し最後までやり抜く力を身につけます。

 グローバル教育は、女性が社会に出ていくときの有力な武器になります。いや おうなく進む経済、文化、金融、情報、科学など、あらゆる分野でグローバル人材へのニーズは高まるばかりです。昭和ボストンへは全員が留学しますが、そのほかにも英国短期留学、選択制国内外研修旅行などの機会があり、AFSの留学生には毎年選ばれて参加しています。2014年度にはスーパーグローバルハイスクール*にも選ばれました。さらに2016年度からグローバル留学コースも新たにスタートし、 このコースの生徒は全員海外に約1年留学します。世田谷キャンパスではブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和が英国のカリキュラムに沿った教育を行っていますが、生徒同士の交流に加え、教員が教えに来てくれる科目もあります。本気でグローバル人材を目指すなら、五修生制度を利用して昭和女子大学に進学し、ダブルディグリー・プログラムを選ぶことをお勧めします。昭和女子大学と外国の大学の両方の卒業資格が取れる制度です(2019年3月には上海交通大学とのダブルディグリーで2期生12名が卒業しました)。

 2018年度からスーパーサイエンスコースもスタートしました。このコースからぜひ医学部、薬学部、理工学部など、理系学部に進学してほしいと期待しています。

 昭和中学校・高等学校で学んだ生徒が、広い視野と高い識見をもって自分の才 能を花開かせ社会に貢献できるよう、教職員一同全力を尽くします。
*スーパーグローバルハイスクール(SGH):「将来、国際的に活躍するグローバル・リーダーを高等学校段階から育成すること」を目的に、文部科学省が進める事業。本校は初年度(2014年度)に指定された。指定期間は5年。

学校法人 昭和女子大学理事長・総長
坂東 眞理子