教育理念

教育理念

学園目標

「世の光となろう」-Be a Light to the World-

こども園から大学院まで、園児・児童・生徒・学生が、ワンキャンパスに学ぶ昭和学園の目標は、建学の精神である「世の光となろう」という言葉に込められています。 1920年(大正9年)に、『トルストイが建てたように、世のため人のためになる、愛と理解と調和を旨とする学校を創りたい』という創立者人見圓吉・緑夫妻の発意のもと、5名の同志の手で創立されたのが、本学園の前身である「日本女子高等学院」です。今日まで、この「世の光となろう」を合言葉にして、現在の昭和学園を築きあげてきました。

Showa Global school identity

Shine Your Light Globally 伝統と先進を融合させ、グローバルリーダーを育てます。

Showa Global School Identity ・Know Thyself 自己を知り日本人としての自覚と誇りを持つ ・Find a Way 困難をのり超え、最後までやりとげる ・Contribute to Others 他の人のために尽くそう “Shine your Light Globally”(世界を舞台に輝こう)をスローガンに、より進化したグローバル教育を実践していきます

校訓三則

「世の中の光となろう」という建学の精神を、 実際の生活面で具体的に表現したものが、校訓三則です。 「清き気品」 清らかで温かさのこもる心の在り方や言動 「篤き至誠」 何事も心をこめて誠に徹する姿勢 「高き識見」 志をもって自ら考え自主自律できる精神の高さ
校訓三則
ページトップへ戻る