中学校・高等学校の歴史

中学校・高等学校の歴史

昭和女子大学は2020 年に100周年を迎えます。

昭和学園100周年記念事業サイトはこちら

沿革

大正

1920年 日本女子高等学院創立
1922年 加治 いつ 初代校長に就任・5年制の高等女学部を付設
1924年 個人研究「私の研究」を開始

昭和

1927年 財団法人日本女子高等学院を設立・高等女学部を昭和高等女学校と改める
1928年 夏季寮開始(館山)
1933年 松平 俊子 第二代校長に就任
1938年 田園学寮開始(武蔵野・湘南)
1945年 世田谷太子堂(現在地)に校舎移転
1946年 日本女子専門学校を設置
朋友班活動はじまる・生徒の自主的活動組織「光葉会」発足
人見 圓吉 第三代校長に就任
1947年 義務教育制度により昭和高等女学校下級3年間を昭和中学校と改めて開校
1948年 新学制により昭和高等女学校上級2年間に1年間を加え昭和高等学校と改める
1949年 新学制により日本女子専門学校を昭和女子大学に移行
1950年 生徒新聞「ル・ベレー」刊行
1951年 財団法人東邦学園を学校法人昭和高等学校と改める・昭和幼稚園を付設
1953年 学校法人 昭和高等学校に昭和小学校を付設・幼稚園庶務制度はじまる
幼稚園から大学までの一貫教育体系が完成
1955年 「学習進歩賞・努力賞」表彰制度はじまる
1961年 2期制導入
1963年 人見 楠郎 第四代校長に就任
中高部1号館竣工
1966年 第1回スクールカラーデーを実施
1967年 第1回 感謝音楽祭を実施
1974年 人見 楠郎 第二代理事長に就任
1977年 研修学寮「東明学林」を開設
文部省から中高一貫教育研究開発校の指定を受ける
1980年 創立者を記念し「人見記念講堂」を竣工
1981年 中高一貫教育開発指定校の任務完了・中高部2号館竣工
1983年 五修生制度を導入
1986年 研修学寮「望秀海浜学寮」を開設
1988年 アメリカ・マサチューセッツ州にボストン昭和女子大学を開学
本校の中高一貫教育が「読売教育賞」を受賞

平成

2000年 人見 楷子 第三代理事長に就任
小林 美佐子 第五代校長に就任
2002年 長谷川 勉 第六代校長に就任
2003年 渡辺 満利子 第七代校長に就任
2005年 文部科学省から「平成 年度教育改革推進事業(環境教育)モデル校」の指定を受ける
文部科学省からスーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクールの指定を受ける
文部科学省から「国語力向上モデル事業」の指定を受ける
「平成 年度リデュース・リユース・リサイクル推進功労者等表彰事業」において、文部科学大臣賞を受賞
2006年 ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和 開校
2007年 ザ・ボストン・ミッションプログラム 開始
2008年 石原 由美子 第八代校長に就任
2011年 平尾 光司  第四代理事長に就任
大泉 章子  第九代校長に就任
2012年 中高部東館 使用開始
パリユネスコ本部からユネスコスクール加盟承認
2014年 坂東 眞理子 第五代理事長に就任
文部科学省から「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の指定を受ける
選択制国内外研修旅行 開始
2016年 「SHOWA NEXT(本科コース・グローバル留学コース)」スタート
「子ども読書活動優秀実践校」として文部科学大臣賞受賞
2017年 金子 朝子 第十代校長に就任
昭和大学(医系総合大学)と特別協定校になる
2018年 「SHOWA NEXT(スーパーサイエンスコース)」スタート
平成 年度文部科学省国立教育政策研究所より教育課程研究指定校(校種間連携)・実践研究協力校(理科)となる
2019年 文部科学省から「地域との協働による高等学校教育改革推進事業〔グローカル型〕」の指定を受ける

令和

2020年 真下 峯子 第十一代校長に就任