校長のご挨拶

校長のご挨拶

校長 金子 朝子

「自分に自信が持てる人」を目指して

 新しい社会モデルを見据えた“SHOWA NEXT”のカリキュラムには、本科、グローバル留学、スーパーサイエンスの3コースがあリます。どのコースも、確実な思考力、判断力、表現力、そして、実践力を身につけ、アクテイブ・ラーニングやICTを活用した学びで、「銀行貯蓄型知識」ではない 「社会で生きて働く力」の習得を目指します。昭和ボストンでの全員参加のザ・ボストン・ミッション、神奈川県と千葉県での宿泊研修、上級生・下級生が集う朋友班活動、奉仕から学ぶサービス・ラーニングなど、学びの場は国内外に拡がり、様々な文化背景を持つ多様な年代の人々との豊かなコミュニケーションを通して、他者を尊重し、自分にも自信が持てる人材へと成長していきます。

 本科コースは、日本人としての価値観を育む歴史、文化、伝統を学び、幅広い進路に対応できる 総合力を高めます。グローバル留学コースは、飛躍的に英語力を高め、グローバル社会で活躍できる女性への成長を目指し、4年生は、カナダ・アルバータ州教育委員会との協定に基づいた10か月の留学とホームステイに参加します。3年生から始まるスーパーサイエンスコースでは、連携大学の指導を受けるなど、科学的好奇心と論理的思考力を育成し、理数・医系の進路を目指す指導を行います。

 また本校には高大連携を生かした「五修生」制度があり、中高6年間の教育課程を5年で修了し、6年目から昭和女子大学で学ぶことができます。ダブルディグリー(昭和女子大学と海外大学の両方からの学士号)取得や、早期卒業と合わせて通常よリ1年早く社会で活躍を始めることも可能です。

 昭和の建学の精神は「世の光となろう」に凝縮されています。どんな色や大きさでも、周りが暗い時にこそ役に立ち、陰に隠れることなく進む道を照らし、光を周リに分けられる人になろうと呼びかけています。多様で変化の激しい世の中で、社会を生き抜く力を持ち、未来への飛躍を実現する若者が求められています。社会とつながリ、違う視点を持つ人々と協力して新しいチャレンジに挑み、課題解決策を提案できる力を鍛えるための環境が、本校には整っています。

 皆さん一人ひとりが、他の人にはないすばらしい資質や能力を持っています。それらを見つけ、磨きあげ、自分に自信が持てる人へと成長しましょう。

ページトップへ戻る