グローバル留学コース

グローバル留学コース

高1で約1年間の海外留学。
より実践的な語学力と国際感覚を育て、世界への扉を開きます。

4 年生の4月から翌年1月までの長期海外留学が、必修プログラムに組み込まれているコースです。英語の授業数が多い(週7時間)だけでなく、すべての英語の授業と、美術の授業の一部を英語で行います。さらにディスカッションやスピーチ、ディベートのトレーニングなども取り入れ、長期留学に向けて英語力を強化します。また「アジアディスカバリー」や「国際教養」などでグローバルな視点に立った思考力、主体性、行動力、協調性などを、1年生からしっかりと鍛えていきます。国内の大学に限らず、海外の大学の受験サポートも行います。

グローバル留学コース6年間の流れ

グローバル留学コース6年間の流れ
自分が希望する進路の大学へ

海外の大学/国公立大学の文系/私立大学の文系
外国語学部や国際学部/昭和女子大学

グローバル留学コースの特徴

英語イマージョン授業(1〜2年)

英語力を鍛えるため、英語授業のすべてと、美術の授業の一部を英語で行います。低学年の時はネイティブ・イングリッシュ・スピーカーと日本人のティームティーチング方式で行います。

アジアディスカバリー(1年)

アジア(シンガポール・マレーシア)への5日間の研修旅行。「アジアの一員である日本」という視点や、他文化を理解・尊重するグローバルマインドを現地の生徒・学生との交流プログラムを通して育成します。

グローバル留学コースの特徴

中国語の学習(2・3年)

グローバルに活躍する上で大切な言語として、2年生と3年生で週1時間、第2外国語として中国語を学び、自己表現ができるようにします。

国際交流プログラム(随時)

キャンパス内にある「ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和」 との交流や、留学生の受け入れなどを通し、日本にいながら異文化に触れる機会を設けています。イマージョン授業も教科によっては現役のブリティッシュ・スクールの教員が行います。

グローバル留学コースの特徴

1年生末には、クラス全員が英検を取得


グローバルクラス1年生 英検取得状況(2019年度実績)

グローバル留学コースの特徴

Student Voice

グローバル留学コース 3年

小林 果鈴さん

英語力がつけば将来の選択肢が広がると思い、
グローバル留学コースを選びました。

習熟度

英検合格率からもわかるように、もちろん問題を解く力はついていると思います。
しかし英検の級に関係なく自分の言葉で伝えようとする積極性がある人がとても多くなったと思います。

コンテスト・プレゼン

定期的に行われています。語彙力が高められたり、前に出て発表に慣れることができ、
みんな賞状をもらえるよう気合を入れて覚えています。

Debate

週に1回、英語の授業でディベートを行なっています。最初に言うことは前もって原稿を書いてくるのですが、
質疑応答はアドリブなので少し難しいですが、実際の英語の会話のように臨機応変に対応する練習ができるので、
とても良いと思います。

ページトップへ戻る