校長のご挨拶

校長のご挨拶

校長 金子 朝子

なりたい自分になるために

 創立97周年を迎えた昭和中学校・高等学校の中高一貫カリキュラム”SHOWA NEXT”は、本年で2年目を迎えます。「本科」、「グローバル留学」、「スーパーサイエンス」のどのコースで学んでも、標準的なカリキュラムの習得を土台に、発展的な学習で視野を広げ、思考力、判断力、表現力と実践力を伸ばしていきます。本科コースでは、日本人としての価値観を育む歴史、文化、伝統を広く学ぶと共にグローバルマインドを育て、幅広い進路に対応できる総合力を高めます。グローバル留学コースは、実践的な語学力と国際感覚を育み、約1年間の海外高校への留学を経て、グローバル社会で活躍できる女性の育成を目指します。中学3年から始まるスーパーサイエンスコースは、科学的好奇心や深い思考力を育成する授業を中心に、理数領域に関心が高く、理数系の進路を目指す指導に特化しています。

 本校には高大連携の特典として、中高6年間の教育課程を5年間で終了し6年目は昭和女子大学で学ぶことができる「五修生」制度もあります。五修生は、早期卒業の資格を取って通常より1年早く大学を卒業し社会で活躍したり、ダブルディグリー制度(昭和女子大学と海外の大学の両方から学士号を取得)で2大学の学位を取得したりすることができます。
 多様で変化の激しい世の中で、これからは、社会を生き抜く力を持ち、未来への飛躍を実現する若者が必要です。どんなに科学や技術が発達しても、私たちが見失ってはいけないものは、人としての「こころ」です。学問に加えて、調和のある人格を育み、グローバル社会で輝く人間性を育む心の教育を、本校では「世の光となろう」という学園目標と共に大切にしています。

 「なりたい自分」になるために、失敗に挫けず自主的に学び、国内外で行われる様々な活動にも積極的に挑戦を続ける皆さんを歓迎します。うまくいった時には笑顔が生まれ、うまくいかなかった時には心が成長します。みなさんが、本校で学ぶことで、日々前進し、「まだ会ったことのない自分」にたくさん出会えることを祈っています。

ページトップへ戻る