スーパーサイエンスコース

スーパーサイエンスコース

中3から始まる、理数系進路に特化したコース。
学力および科学的好奇心・思考力を養います。

「理数領域に興味がある」「理数系の進路をめざす」生徒のために理数に特化。3年生から編成され、進路に合わせた学習を早めに始められる、中高一貫校ならではのコースです。昭和女子大学の研究施設や研究環境を積極的に活用し、実験や実習を重視。生物多様性、気候変動、エネルギー、先端技術等のテーマに取り組みながら、地球規模で物事を考え、データに基づく科学的な思考・判断ができる女性を育てます。また、大学の先生や研究者による授業や講演を通して、研究姿勢も学びます。

スーパーサイエンスコース4年間の流れ

スーパーサイエンスコース4年間の流れ
自分が希望する進路の大学へ

国公立大学の理数系/私立大学の理数系/医学部・薬学部
看護・栄養系/農学・海洋系/昭和女子大学

スーパーサイエンスコースの特徴

サイエンスアドベンチャー(3年)

屋久島で4日間(予定)のフィールドワーク研修を行います。事前の準備研究をした後、世界自然遺産である屋久島の大自然に触れ、現地の専門家のレクチャーを受けながら実地調査を実施。成果を昭和祭で発表します。

大学連携理数プログラム(4〜6年)

物理・化学・生物・地学・数学の5分野それぞれの連携大学の先生による特別講義を受け、研究室と交流。指導を受けて課題研究に取り組み、昭和祭をはじめ、各学会の高校生の部などの外部発表にも積極的に参加します。
X線回折装置、液体クロマトグラフィ質量分析計など研究機器が揃った「研究支援機器センター」を、授業や課題研究に使用します。

SWUクラウドサービスの活用(3〜6年)

「Chromebook」というGoogleサービスに特化したノートPC型端末を全員に持たせ、学園が契約する「Google for Education」を積極的に活用します。

スーパーサイエンスコースの特徴
スーパーサイエンスコースの特徴
ページトップへ戻る