本科コース

本科コース

英語学習および多様性理解プログラムが充実。
幅広い進路に対応する総合力を養います。

英語力を高めるプログラムや海外を直接体験するプログラムとともに、国語力を高めるプログラム、日本への理解を深めるプログラムも充実。外国人と対等にコミュニケーションができる語学力と、お互いの文化を理解し創造的に協働する能力を併せ持った、グローバル社会で活躍できる女性を育てます。また、アクティブ・ラーニング(主体的学習)を重視。さらに、他者との協同的な学びを積み重ねることで、新しい大学入試で問われる詰理的思考力、判断力、表現力、課題解決力も鍛えていきます。

本科コース6年間の流れ

本科コース6年間の流れ
自分が希望する進路の大学へ

国公立大学の文理系/私立大学の文理系/看護系
美術・音楽などの芸術系/昭和女子大学

本科コースの特徴

実践的な英語授業(1〜6年)

ネイティブ・イングリッシュ・スピーカーによる英会話やオーラルコミュニケーションなど、「読む」「聞く」だけでなく「書く」「話す」も含めた英語力をバランスよく学び、実践的な英語力を身につけます。

国語力強化プログラム(1〜6年)

文系理系を問わず国語力はすべての基礎となります。感話(3分間スピーチ)、朝読書、読書感想文、短歌づくりなどを通して、論理的な思考力と表現力、プレゼンテーションカなどを向上させていきます。

本科コースの特徴

English Seminar (希望者:1年)

外国人スタッフを迎え、「グローバル留学コース」の生徒とともに、学習も生活も英語だけで過ごす3日間のセミナー。英語を学ぶ意欲向上につながります。

古都研修旅行(3年)

京都・奈良を訪れて日本の歴史や文化に向き合い、自らの価値観を深めるプログラムです。神社仏閣を巡るとともに、京都では座禅や伝統的な技術も体験します。

本科コースの特徴

Student Voice

本科コース2年

村木 りなさん

予習や復習、準備をしなければならないことが多く、
大変ですが、やる気が出てきました。

昭和中学校では初めて経験するプログラムが多くあります。例えば、考えたことをクラス全員の前で話す「感話」。テーマを決め、文章を考え、覚えて、話します。準備が大変ですが、回を重ねるにつれ、少しずつ上手く話せるようになりました。英語も、ネイティブの先生に教わったり、日常表現を学ぶうち、もっと会話したいという気持ちが生まれました。それには単語力が必要なので、いま単語の勉強が楽しいです。この成果を、ボストン研修で試したいと思っています。

ページトップへ戻る